ふたつのしっぽ

Columbo+Mondy+その仲間達のブログ--
アメリカのオレゴン州ポートランドから犬のはなしを中心に
今日のハプニングをお届けします!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「コロンボのばか」とマンディは言って「マンディのばか」とわたしは言った | main | 仲良くお昼寝中 >>

犬インフルエンザ

Columbo092805

ここのところアメリカでは、犬インフルエンザ(Dog Flu Virus、canine flu)がニュースになっています。昨日もテレビで、報道されていました。コロンボとマンディがいる我が家では、とても気になり心配になります。今現在では、ここオレゴン州ではその事例は報告されていませんが、どのような症状がでるのか、自分への確認の意味でもここに書いてみようと思います。

これは馬のインフルエンザが変化し、犬に異種感染したと言われています。最も広がっているのは、レース・ドッグであるグレーハウンド。9月22日付けのNew York Timesによると、Dr. Cynda Crawford( an immunologist at the University of Florida's College of Veterinary Medicine) の調べによって、2004年1月のフロリダ州ジャクソンビルのレーストラックのケースでは、24匹中8匹がウイルス感染によって死亡しているとしています。またフロリダ、ニュー・ヨークを中心に、ペットの犬にもこのウイルス感染が確認されています。

どのくらいの犬が、このウイルスによって死亡しているかは定かではないようですが、感染した犬は1%以上の確立で死亡。仔犬と老犬の死亡率は、10%になる可能性があるようです。

Dr. Crawfordによると、犬にはこういったウイルスに対する免疫がない為、ウイルスにさらされた場合、ほぼ確実に感染してしまい、そのうち80%には、何らかの症状が現れるそうです。この症状はケネル・コフ("kennel cough," a common canine illness that is caused by the bordetella bronchiseptica bacteria)と似ているため、正しく診断されないことが多いようです。どちらの場合も、3週間ほど咳をし吐き気をもよおします。ふたつの違う点は、犬インフルエンザにかかっている場合は、華氏106度(摂氏41.11度)位の高熱を出し、鼻水が出ることです。肺炎を引き起こす場合もあり、これは感染している犬にとって致命的になります。抗生物質の処方と水分を与えることにより、肺炎から死に至ることを防げるそうです。

人間へのウイルス感染の可能性は、まだわからないそうです。正しい情報も報道される中、きちんとした確認の取れていない、飼い主にとっては非常に心配になるような情報も流れ出しているようです。ですが、ここ数ヶ月のうちで、ウイルス感染の確認が増えていることも事実です。何らか症状が出た場合には、すぐに他の犬との接触しないように隔離し、獣医さんに診断してもらう必要があります。

いつも健康状態には注意を払っていますが、犬は言葉を話さない分、体の変化を見落とさないように気をつけたいと思います。

*ここに書いたことは、New York Timesを参考にしています。
もしも間違い等を見つけた方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお知らせください。訂正の必要がある場合は、すぐに訂正いたします。

またabcでも、このことについて書いていますのでご覧ください。
いぬ情報 | permalink | comments(5) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ふううむ。ドイツのサイトではこの症例の紹介が出てはいますがアメリカでの出来事として扱われていてヨーロッパでの事例について触れられていません。心配ですね。早急な予防接種の開発を祈ります。犬の体調を推し量るのは本当に難しいです。せめて最低限の痛いとかつらいとか言ってくれたら・・。と思いますね。

PS コロンボ君はかっこいいね。しゃきっとたった耳はぽてっとちょっと綿入れみたいな感じでしょう?さわってみたいなあ。Yodaの耳は割りに薄っぺらです。
Hummel | 2005/10/01 2:02 AM
★ Hummelさんへ

そうか、ヨーロッパではまだそのような紹介なんですね。どのような形でウイルスが変化していったのか、わたしにはまたくわかりませんが、きっとこういうものは変化をしつづけていくものだろうから、早く予防接種が開発され認可されることを切に望んでます。そうすれば、少しは心配材料も減りますから。
何かの形できっと犬もメッセージを送っているのでしょうが、人間の力では理解することができないのが悔しいですね。

ところで、耳ね。大当たり!どうして分ったのかな?実はすでに触ったことがあるように、言い当てています。コロンボの耳は、触っていると最高に気持ちがいい。コロンボ種には、長めの少し固い毛がはえていて、その下には細く柔らかい毛がぎゅっと詰まっています。その柔らかい毛だけが耳の周りに生えているのです。ひんやりした耳を触りながら、その後ろの毛を触るのが大好きです。
yasuko | 2005/10/01 2:39 AM
何だか怖い病気ですねー
アメリカだけ???それって何処でも起こりうる病気なんでしょうか???
どちらにしても蔓延しなければいいですね!!
あーHPのアドレス変わりましたぁ〜
もう一つのサイトにカキコしてきちゃったので宜しくお願いしますぅm(__)m
バフィりん | 2005/10/19 9:21 PM
★ バフィりんさんへ

こんにちは。
怖いでしょ。11月にペットホテルに二匹は滞在予定なので、かなり心配です。今のところはアメリカだけのようです。鳥のように国を関係なく渡っていくといくことはないので、外に広がるというのは、鳥インフルエンザよりは低い可能性でしょうね。でもどうなんだろう?馬のインフルエンザが変化したということだから、何かのウィルスが変化して違った犬インフルエンザになることもあるのかもしれない?????
新しいアドレスの件、了解です。2 Dog tailsのリンク先、変更しました。
yasuko | 2005/10/20 3:28 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2006/03/20 2:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2dogtails.jugem.jp/trackback/95
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/01/19 2:56 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/04/05 8:21 AM

イヌブログRING

* Latest 20 Blogs *


R

A

 

☆ふたつのしっぽ☆を登録 by BlogPeople

 

+Thanks
  dogoo.com 
 
BlogPeople 
  人気blogランキング 
 
ペットサーチ