ふたつのしっぽ

Columbo+Mondy+その仲間達のブログ--
アメリカのオレゴン州ポートランドから犬のはなしを中心に
今日のハプニングをお届けします!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

犬インフルエンザ

Columbo092805

ここのところアメリカでは、犬インフルエンザ(Dog Flu Virus、canine flu)がニュースになっています。昨日もテレビで、報道されていました。コロンボとマンディがいる我が家では、とても気になり心配になります。今現在では、ここオレゴン州ではその事例は報告されていませんが、どのような症状がでるのか、自分への確認の意味でもここに書いてみようと思います。

これは馬のインフルエンザが変化し、犬に異種感染したと言われています。最も広がっているのは、レース・ドッグであるグレーハウンド。9月22日付けのNew York Timesによると、Dr. Cynda Crawford( an immunologist at the University of Florida's College of Veterinary Medicine) の調べによって、2004年1月のフロリダ州ジャクソンビルのレーストラックのケースでは、24匹中8匹がウイルス感染によって死亡しているとしています。またフロリダ、ニュー・ヨークを中心に、ペットの犬にもこのウイルス感染が確認されています。

どのくらいの犬が、このウイルスによって死亡しているかは定かではないようですが、感染した犬は1%以上の確立で死亡。仔犬と老犬の死亡率は、10%になる可能性があるようです。

Dr. Crawfordによると、犬にはこういったウイルスに対する免疫がない為、ウイルスにさらされた場合、ほぼ確実に感染してしまい、そのうち80%には、何らかの症状が現れるそうです。この症状はケネル・コフ("kennel cough," a common canine illness that is caused by the bordetella bronchiseptica bacteria)と似ているため、正しく診断されないことが多いようです。どちらの場合も、3週間ほど咳をし吐き気をもよおします。ふたつの違う点は、犬インフルエンザにかかっている場合は、華氏106度(摂氏41.11度)位の高熱を出し、鼻水が出ることです。肺炎を引き起こす場合もあり、これは感染している犬にとって致命的になります。抗生物質の処方と水分を与えることにより、肺炎から死に至ることを防げるそうです。

人間へのウイルス感染の可能性は、まだわからないそうです。正しい情報も報道される中、きちんとした確認の取れていない、飼い主にとっては非常に心配になるような情報も流れ出しているようです。ですが、ここ数ヶ月のうちで、ウイルス感染の確認が増えていることも事実です。何らか症状が出た場合には、すぐに他の犬との接触しないように隔離し、獣医さんに診断してもらう必要があります。

いつも健康状態には注意を払っていますが、犬は言葉を話さない分、体の変化を見落とさないように気をつけたいと思います。

*ここに書いたことは、New York Timesを参考にしています。
もしも間違い等を見つけた方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお知らせください。訂正の必要がある場合は、すぐに訂正いたします。

またabcでも、このことについて書いていますのでご覧ください。
いぬ情報 | permalink | comments(5) | trackbacks(2)

バッファロー・ボーン

バッファローボーン040105

これ、ずーーーーっと気になっていたのです。ペットショップに行くたびに、買っていく人が多くて。「いいんだろうなぁ、欲しいけど...うぅ〜ん今度にしておこう」と手を出していなかった。

ところで、いっくらガンバって歯みがきしても、歯石が取れていない!昨日の夜も、歯を磨きながら「これはちょとまずい!」と思って、さっきペットショップに行ってまいりました。

このお店は、歩いて3分ほどのところにあって、餌、ワクチン、その他なんでもペットものは購入するお店なんです。

ワクチン???日本は獣医さんのところに行かなくてはいけないんですよね。アメリカでは、お家でもできます。できないのもあるけどね。狂犬病のワクチンはできません。注射の実況中継は、今度の機会にご披露させていただきます!

ということで、お店の顔なじみのオーナーと話をしながら、「この骨、気になるんだけど」という話になったのでした。1週間に1回あげればよいとのこと、ミディアム・サイズがひとつ$2.95なり〜。グリニーズもよいのだけれど、あっという間に食べ終わってしまう。マンディなんて、30秒くらいなものです。そうそう、グリニーズの話もしたけど、オーナーも「すぐ食べおわっちゃうからねぇ」と言っていました。

で、バッファロー・ボーンです。これは、冷凍になった生なんです。「調理するんでしょ?」と聞いたら、大袈裟までな「ノォォォォォwwww」という反応。そのままあげればよいそうです。

1週間に1回で、「食べきらなければ、洗って冷凍室に入れておけばだいじょうぶよぉ〜」といっていたので、そうするつもりです。が、果たしてその1回って、どのくらいの時間が1回なんだろうか?そこまで聞くの忘れました。

疲れ知らずで30分経過しても、まだ楽しそうなので1時間にすることにしました。ここで骨を取り上げるのが、ちょっと恐いんです。マンディは、すぐにくれるのはわかっているけれど、問題はコロンボ!簡単にははなすはずがない。怖い声だして、上から見下げて「ドロップ・イット!」といってもしおらしい顔しながら、そっぽを向くにきまってる。無理やり取り上げれば、わたしが負けるのはみえているから。ちょっと勝負にいってまいりま〜す。

ということで結局、1分間のにらみ合い後、骨はわたしのものへなりました。生だもんね、おいしいに決まっている。1週間のおあずけだよ、コロンボさん。

少し髄の部分をかじり始めたくらいなので、3回は確実に持つという読みです。これなら、買ってあげても痛くないかもしれない。30秒で食べきる犬には、グリニーズは高価なもので、ここのところ買っていなかったのです。ついでにバッファローのバクテリアも効果を発揮してくれて、歯石がなくなればもっと喜んで買ってあげちゃうんだけどなぁ。どうでしょうか?!
ボーンマンディ040105

***************
バッファローは、こんな動物です!
イエローストン・ナショナルパークなどの国立公園などにいくと、それはたくさんいます。
子供を育てる時期は、その子供を守るためにとても凶暴になるので、近寄るのはやめましょう。
怖いです!というより危険です!

バッファロー
***************



★"マンディ、コワイ顔"でクリック、"コロンボさん、残念でした"でもクリック!★いつもありがとうございま〜す♪
webranking
いぬ情報 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

抜け毛の対策--SHED'N BLADE

お待たせしてしまいましたが、やっと写真も撮れたので"SHED'N BLADE"を使っている様子をお披露目させていただきま〜す!

ブレード1


こうやって、普通にブラッシングするのと同じです。特に技は、必要ありません。普通のブラシを使うより、気持ちよさそう。表面をなでる感じなので、たぶんあんまり皮膚に刺激を感じないからではないかと思います。あっ、顔にも抜け毛が…。

ブレード3


しゃかしゃかとブラッシングしていると、ほ〜らこんなに雪が降ったいになってしまった…

その後


終わったら、後は逃げるだけ 拍手

おしまい




★"家も試してみようかな"でクリック!"やっぱり嫌なの?"でもクリック!★いつも Thanks!
webranking
いぬ情報 | permalink | comments(4) | trackbacks(14)

イヌブログRING

* Latest 20 Blogs *


R

A

 

☆ふたつのしっぽ☆を登録 by BlogPeople

 

+Thanks
  dogoo.com 
 
BlogPeople 
  人気blogランキング 
 
ペットサーチ